「やる事」より「やらない事」を決めよう。

仕事術

ビジネスの効率を突き詰める際、
考えなければならないのは
やる事とやらない事を明確にすることです。

目標を達成するために「何をすべきか?」については
多くの人が考えます。

しかし、「何をやらないか?」は
あまり考えないんですね。

で、実は、やる事を決める以上に、
やらない事を決めるのが重要だったりします。

誰しも1日は24時間しかないわけですから
何でもかんでも自分でやろうとすると
効率やモチベーションの弊害になります。

場合によっては、お金を使ったり、
利益を減らしたりといったことをしてでも
「やらない」で済む施策を打つ必要があるのです。

もちろん、水をやらなければ花は咲きませんので
水やりを「やらない」なら
誰かにやってもらう、
スプリンクラーを設置する、
サボテンにする、

など、
「やらない」を貫徹しても回る環境を作る、または選びます。

「やらない事」の決め方は色々ありますが、
まずは、どうしても情熱を持てないことを
「やらない事」に設定して、
それをどうクリアするか、方法を考えると良いでしょう。


PAGE TOP