オーバーワーク時の仕事タスク管理術

仕事術役立つ仕事術

209

前回、焦りを利用するという話をしましたが、
同時に、焦ったときほど手を止めて、
計画に時間を割くべきです。

焦るパターンは2つあります。

1、時間は過ぎるけど、何をして良いか分からない!

2、やらなきゃならないタスクが山積みで頭がオーバーヒート!

もっと個別の事例もあると思いますが、
大別するとどちらかに分かれます。

で、どちらの場合もタスクの検討と
スケジューリングでほとんど解決します。

まず、何をしたら良いか分からないという場合は
タスクの洗い出しを行います。

目標を設定して、
その達成に必要なタスクを割り出すわけです。

で、出てきたタスクをスケジューリングする。

これをやらずに
焦って目についた作業を順にこなしていると
時間だけ取られてゴールに近づきません。

また、タスクが山積みになっている場合も
ゴールから逆算して、タスクを割り出します。

すでにタスクは出揃っているように思うかもしれませんが、
中には不要になっているタスクもあるはずですし、
テンパっているということは
優先度の組み換えも必要になっている証です。

この作業のために1日潰しても良いくらいです。

焦った時ほど手を止めて考える習慣を持つと
結果、効率性が増し、時間も増えます。


PAGE TOP