ビジネスの勉強はコピーライティングから始めよう

コピーライターコピーライティング

コピーライティング勉強

ビジネスの勉強はコピーライティングから始めましょう。

先日、ビジネスの横展開の話をした際、
「どのビジネスが一番お金になりますか?」
との質問をいただきました。

気になっている方も多いと思いますが、
結局、ビジネスの形態は何でもいいんですよ。

何だって、もーかります。

まあ、私がせどりのコンサルタントだったら
「せどりが一番です!」と言うかもしれませんが、
あいにく私がメインに指導しているのは情報発信の仕方という、
アフィリでもコンテンツ販売でも転売でも当てはまる方法論ですからね。

その上で言いますが、ネット上で完結できるビジネスであれば
よほどの欠陥があるビジネスモデルでもない限り、利益が出ます。

あなたが今、何かしらのオンラインビジネスに取り組んでいるのであれば、
そのビジネスを続けていればOKです。

が、現実問題、どのビジネスでも
まとまった収益を出している人とそうでない人に分かれます。

その差はひとえに
全てのビジネスに共通の知識を持っているかどうかです。

「アフィリが最強」
「情報販売が稼ぎやすい」
「今は輸出だ!」

などとビジネスの形態で成功率を論議されがちですが、
土台となるスキルや知識があれば、
どのビジネスも上手く回ります。

そのスキルや知識というのも珍しいものではなくて
コピーライティングを適切に使えるかどうか、
という、それだけのことです。

コピーライティングさえ扱えれば、
ビジネスの形態に関係無く、お金を生めます。

私が異なるビジネスモデルで横展開できているのも
根本となるコピーライティング、
特に「企画」のスキルがあるためです。

なぜなら、コピーライティングこそが
ネットで完結するオンラインビジネスの利点を
一番活用できる肝だからです。

オンラインビジネスのメリットは
資金を低く抑えられるということもありますが、
やはり自動化できるという点が大きいです。

で、自動化のメリットは
手離れできて楽ということだけでなく、
再現性が高い点にあります。

オンライン展開のビジネスはセールスページを設置することで
商圏に関係無く大勢の見込み客を相手にできます。

これがオフラインでの対面になると、
一人の人間が相手にできる客数が限られるため
売上げを増やすには従業員を増やすしかありません。

そうなると、コストが増える上に
担当者によって成約率にムラができます。

一方、ネット上のセールスレターは
全ての見込み客に反応の高いアプローチを等しくかけられるため
一旦反応を得られてしまえば、
以降、収益が再現され続けるわけです。

どうしても起業やビジネスの展開を考える際は
アフィリだ、物販だ、
フェイスブックだ、アプリだ、
と形態にフォーカスしてしまう傾向が強いのですが、
それらはどれも一過性であったり、上乗せする部分に過ぎません。

もちろん、ビジネスの形態を探求することも重要です。

しかし、それは絶えず流行に乗り続けるための施策であり、
まずは時代に左右されない、流行が変わっても
その都度対応できる知識から押さえる方が効率的です。

また、文章で売れるようになることでレバレッジが利き、
労働集約型の作業から解放され、
さらに収入を増やしやすくなります。


PAGE TOP