ストレスフリーな仕事環境の作り方

仕事術ネット起業

仕事でストレスを抱える原因の大半は
クライアントにあります。

単刀直入に言えば、
「面倒な客」を抱えこむからストレスが溜まるのです。

会社員の方は上司や同僚に
ストレスを感じることもあると思います。

が、それは某ビジネス書に
「サラリーマンの仕事は上司を出世させること」
とあるように
上司の方を向いて仕事をしなければならない環境であるならば、
上司もお客と同じ立ち位置なのです。

まあ、それは、ただただ不毛なだけなので、
職場を変えるのが最善手でしょう。

ここでは、起業家や個人事業主のケースについて解説します。

個人でビジネスを展開する場合、
面倒な客からのストレスはマイナスにしかなりません。

「クレームは財産」

などという言葉もありますが、
それはクレーム担当を置ける組織だから割り切れることで、
個人ビジネスで同様のスタンスを取っては
損失の方が圧倒的に大きくなります。

個人経営のビジネスでは
クレーム対応により時間が削られることで
本来生むことができた利益を捨てることになり、
精神的なストレスだけでなく、金銭的な損失も発生するのです。

では、どうすればストレスフリーの仕事環境を作れるかというと、
「面倒な客」を排除することです。

排除というより、初めから抱えないという方が正しいですね。

つまり、顧客化する前に面倒な客をスクリーニングし、
見込み客リストから外しておくということです。

そうすることで、商品を買われてしまい、
顧客対応を迫られることもなくなり、
購入前の段階で理不尽なメールが届いても
無視してブラックリストに叩き込めば良いだけです。

面倒な客にも売ってしまう事は利益率の低下も招きますので
販売者側がお客さんを選ぶというスタンスを取りましょう。


PAGE TOP