セルフブランディングのズレた戦略

マーケティングセルフブランディング

セルフブランディングについて、
ネット起業家さんから相談がありました。

ネット起業家は、お金持ちをアピールしている方が多いです。

六本木ヒルズに住んでいる方や
高級車を乗りまわしている方などを多く見かけますが、
その中には、お金持ちキャラを演じていて、
その出費は宣伝費、経費として扱われている場合が多いです。

相談者さんも同様のセルフブランディングをすべきかと
迷っていらっしゃいました。

私自身に関して言うと、
旅行や食事にはお金をかける方ですが、
住居や車にはあまり興味がなく、
また固定費や経費を抑えたいので、
普段の生活を華やかに見せる演出はしません。

愛車はありますが、バイクですし、
これも、あくまで旅行などの体験と結びつくから面白いわけで。

もちろん、セルフブランディングは意識した方が良いと思います。

ただし、無理をして、
自分が興味の無いことにまでお金を使うことは薦めません。

無理なセルフブランディングをするよりも自分の好きな事をしている中で、
特色となる切り口をアピールしていくブランディングの仕方が
良いのではないかと思います。

私の場合、月の利益が100万円を超えた頃から、
旅行へいつでも行けるようになりました。

また、食事代を気にせずに、
好きな物を食べられるようにはなりました。

セルフブランディングはそれほど意識してはいません。

面白いことをし続ける為に、お金が必要だから稼ぐという考え方なので、
興味の無い六本木ヒルズに住むということはあり得ないのです。

まあ、服装も全く変わらないので友人には突っ込まれますが。

ただ、収入が増えた直後は少し戸惑いというか、
揺れた時期もありました。

それは、「飽きる」ということです。

好きな旅行も行きっぱなしというわけにはいきませんし、
かといって、労働時間は減ったままなので
時間を持て余し気味になりました。

初めのうちは学校をズル休みした小学生のように
ぼんやりテレビを見る生活を続けていましたが、
そんな生活もせいぜい1か月程で嫌気がさしました。

で、結局、また仕事に戻るのです。

すると、また収入が増えて行く。

人間は、「楽」より「楽しさ」を追及していくのだと分かりました。

なので、セルフブランディングは
自身の等身大かその延長線上で実施するべきだと思います。

皆が皆、ヒルズ族でなくても良いんですよ。


PAGE TOP