セールス・コピーライティングに対する勘違い

マーケティングコピーライティング

本来、コピーライティングとは、
「売る」ための文章です。

しかし、日本でコピーライティングは
歌詞のようなアーティスティックなものと捉えられることが多く、
コピーの評価も「商品がどれだけ売れたか」ではなく、
芸術性ばかりに偏っています。

なので、ビジネスで要される、
コピーライティングのスキルを身に付けるには
日本の広告代理店が出している書籍などでは
足りないどころか、むしろ誤解を生んでしまいます。

コピーライティングはセンスではなく、
スキルであり、知識です。

明確な法則と構成に沿って書かれる科学的な技法です。

決して、アートではありません。

入れなければならない要素が決まっており、
定型の部分に個性を反映させていく必要はありますが、
学ぶことでポイントを押さえて書くことが出来るようになるのです。

また、コピーライティングはセールスレターだけではなく、
メルマガやブログの記事執筆にも使えます。

伝えたいことを的確に伝えることがコピーの本質であり、
それが「商品の魅力」を伝えるのか、
「教えたいこと」を伝えるのかの違いだけです。

CMや雑誌で見るような、かっこいいフレーズを書いて
自己満足に浸る、なんちゃってコピーライターにはならないようにしましょう。


PAGE TOP