仕事辞めたい30代の石橋戦略

起業役立つ仕事術

転職のタイミングとして30歳という年齢が挙げられますが、
30代は仕事を辞めたいと感じやすい世代です。

他の世代の「仕事辞めたい」願望と異なるのは
30代は上昇志向から来る現在の仕事への不満が強いことです。

「もっと生活の質を上げられる仕事があるのでは?」

と考えるわけです。

私のもとにも30代の方々から
「仕事辞めたいです」という旨のメールが来ます。

困るのは、

「もう辞めました!これから起業して頑張ります!」

という事後連絡です。

それも行動力と言えなくもないですが、
何かを辞める時というのは、変にテンションが上がったり、
正当化する理由が次々と浮かんだりしがちなので
注意した方が良いです。

辞めてから、うつ状態になる人も少なくないので。

私はサラリーマンが
今の仕事を辞めて起業したいという場合、
まずは副業から入ることを薦めています。

なんだかんだ言って、
会社からの定期収入があるのは大きいです。

会社を辞めて、自ら背水の陣を引くという手もありますが、
リスクは無理に取らない方が良いと思います。

で、副業で月50万円ほど稼げるようになったら
辞めても良いタイミングです。

オンラインビジネスの場合、ラッキーホームランで
瞬間風速的に100万円程度稼げてしまうこともあるのですが、
まぐれ当たりだと、その後が続かずジリ貧になります。

月50万円という額は自分のビジネスを持てば、
それほど大きな額ではありませんが、
その程度の額でも継続して入って来るようになれば、
ビジネスの地力が付いている証でもあるので、
会社を切ってしまっても問題ないでしょう。

「えいや!」で会社を辞めてしまう人は
ギャンブラー的な資質が強く、
以降もビジネスとギャンブルを混同しがちです。

辞めたい仕事を無理に続ける必要は無いと思いますが、
リスク管理は慎重に。


PAGE TOP