学生起業するには、ならではの武器を使い倒せ!

起業起業するには

ネット起業が珍しくなくなったことで
学生起業も増えていますね。

で、たまに学生の方から起業に関する相談を受けますが、
学生起業するには、とにかく時間を使うことです。

起業するには、お金と時間が必要です。

で、学生で起業するには多くの場合、
お金の面がネックになります。

ネット起業であれば、それほど資金はかかりませんけどね。

一方、学生の武器は何と言っても時間に余裕があることです。

起業時は、寝ても覚めても仕事のことしか考えず、
労力や時間の全てを仕事に注ぐ位、
前のめりでないといけません。

「片手間で~」的なノウハウに
飛びつく人が成功できないのは
この前提からしてズレているからです。

初めから「片手間でやろう」では
まずビジネスを軌道に乗せるのは無理です。

仮に「片手間で~」的ビジネスに取り組んだとしても
その片手間でできるビジネスに全力を尽くすのです。

そういう期間が起業時には必要です。

その後、楽になり、週3日程度の労働でも
年収1000万円を超えることも難しくなくなります。

そこに至る期間は人それぞれ。

どれだけスタート時に
全力で取り組んだかで変わってきます。

なので、どうしても時間の投資が発生するわけですが、
学生はその点、時間が余ってるので有利なのです。

「学生も忙しいですよ!」

と言うかもしれませんが、
就職すれば比じゃないくらい忙しくなります。

どんなに忙しくても学生はやはり時間があるんですよ。

私も大学は工学部でしたので、
実験と勉強漬けの毎日でした。

理系は日々、かなり勉強しておかないと
単位が取れない上に必須単位も多いのです。

しかも、私の場合、
高校で物理を習っていないにも関わらず、
工学部に入るという暴挙に出たものだから、
もう大変でした。

それでも当時は隙間でボクシングライセンスを取ったり、
映画を製作したりと何だかんだやっていました。

起業はしていませんが、
それだけ時間が捻出しやすいということです。

繰り返しになりますが、
起業するには、お金と時間の投資が不可欠です。

もし、使える時間に余裕があるなら
その時間を全て起業に注ぎ込みましょう。

基本的に起業は面白いことをやるはずなので
苦にはなりませんからね。


PAGE TOP