安定したノマドワーカーになるには

起業ノマドワーカー

a1640_000080

ノマドワーカーという働き方が
浸透しつつありますが、
実際、ノマドワーカーを
自称している人達の大半は
ノマド(遊牧民)というより、
放牧された家畜といった感が強いです。

と、いうのも
ノマドワーカーというスタイルを
単に
「カフェで仕事する俺ってカッコイイ」
というファッション的な部分でしか
捉えていない人が多いからです。

で、そんな自称「自由なノマド」な人達も
やっている仕事の内容は
結局、どこかの会社の下請けという有様。

それでは、カフェで仕事をしようが自宅で仕事をしようが、
首輪をつながれている状態に変わり無いでしょう。

本当の自由なノマドワーカーになるには
誰にも依存せず、自分だけで収入を生める、
そうした状態でいることが大前提です。

つまりは自分のビジネスを持つということですね。

それもお客さんを選べるビジネスモデルでいる必要があります。

仕事先から発注を切られたら
路頭に迷ってしまうという状況だとしたら
いくらカフェでノートパソコンを広げたところで
それは自由なノマドワーカーではなく、
その日暮らしで事務所を構えるお金も無いホームレスワーカーです。

別に法人相手の仕事をすることが悪いということではなく、
いつでも、こちらから切れる状態を維持できる、
ビジネスでなければならないということです。

それを可能にするビジネスの条件は、

1、自力で集客できる
2、利益率を高く保てる
3、負債や維持コストが発生しない

という3項目です。

ノマドワーカーに限らず、起業する際は
取り組もうとしているビジネスモデルが
上記の条件に当てはまっているかどうかを
チェックしておきましょう。


PAGE TOP