年収を増やす方法

目標とする年収を実現するためには
平均年収に着目しましょう。

年収を増やすためには
相応のビジネスモデルに転換するのが
手っ取り早いです。

時給1000円のバイトをしていては、
あり得ない想定ですが、
仮に24時間365日フルで働いても
年収1000万円を超えません。

つまり、もし、年収1000万円を超えたければ、
時給1000円のバイトをしていては
絶対に不可能だということです。

言われてみれば、当たり前と感じるかもしれませんが、
意外と気づかずに今ある環境の中で
年収だけ増やそうとしがちなんですね。

特にサラリーマンなど組織に属していると
「とりあえず一生懸命働く」
という思考停止に入ります。

で、より現実的に考えられる方は
副業や独立起業を意識し始めます。

ただし、ここでも落とし穴があって、
リアリズムを持っている人であっても
ビジネスを始める際は目先の敷居の低さで
ビジネスモデルを選んでしまいがちなのです。

まあ、夢想だけで突っ走って、
借金が残って終わるビジネスを始めるよりは
はるかにマシなのですが。

それでも先の例のように、
時給換算して1000円程度にしかならないビジネスに取り組んでは
いくら頑張っても年収1000万円にすら届かないわけで。

ある程度の逆算は必要なのです。

年収1億円を稼ぎたいのなら
プレイヤーの平均年収が1億円のビジネスに取り組むべきです。

平均年収500万円、
つまり、そのビジネスを行っている人達の収入が
500万円前後だとしたら
どんなに頑張っても年に1000万円稼ぐのは難しいでしょう。

それよりも平均年収1000万円のビジネスを始めた方が
少ない労力、時間で現実的に目標の年収を達成できるわけです。

年収1億円の場合も同様。
相応の平均年収のビジネスに取り組まなければなりません。

私が指導しているオンラインビジネスは
年収2000万円~1億円の範疇のビジネスです。

企業としてはスモールですが、
個人で展開しているので売上げ=ほぼ利益となります。

こういった実情を把握してから
今のビジネスに取り組んでいるわけですね。

要は、ビジネスを始めた段階で、
およそどのくらいの収入になるかは
見当がついていたということです。

「とりあえず、作業」

という勤勉な姿勢は賞賛に値しますが、
その手前の戦略面、ロードマップの策定にこそ
本来、時間と頭を使うべきです。

ちなみに、平均年収を考える際は、
収入ゼロの人間は母数に入れてはいけません。

その段階ではプレイヤーに含まれないからです。


PAGE TOP