年収1000万円の職業を探すより効率を見直そう

年収

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-08-MIYAKO85_miyakodenomado20140725500-thumb-1000xauto-5169

年収は個人のスキルよりも職業によって左右されます。

年収1000万円稼げる職業に就いている人は
ある程度の幅はあれど、年収1000万円を確保しています。

逆に、自給1000円のコンビニバイトでは
どんなに優秀な人でも年収300万円程度にしかなりません。

つまり、年収を増やしたいと考えるのであれば、
より「お金になる」ビジネスに取り組む必要があるということです。

年収1000万円の職業は無数にある

どの職業が儲かるかを考える人は多いのですが、
自分のビジネスを持てば、
どんな仕事であれ、年収1000万円には届きます。

起業家の年収が平均して高いのは
自分でビジネスモデルを選べ、
展望によって変えることが可能だからです。

サラリーマンの場合は、
会社の定めたビジネスモデルに乗るしかないので
収入も固定されます。

もちろん、給料の高い会社に転職すれば、
年収も増えるわけですが、
基本的に会社は労働力を安く確保したいので、
自分で利益を決められる起業に比べると
どうしても割りは悪くなります。

よく「年収1000万円の職業」として
パイロットや大学教授などが挙げられますが、
これは結局、どのレールに乗るかの話でしかなく、
収入の効率をどう上げるかという話ではないのです。

起業の場合、それが社長一人のスモールビジネスであっても
年収1000万円は高い収入ではありません。

むしろ、自分のビジネスを持っているにも関わらず、
年収1000万円に届いてないとしたら
そのビジネスはうまく回っていないと言えるでしょう。

年収1000万円に届かないビジネスは見直しが必要

もちろん、起業にあたっては「趣味の追及」を優先して、
収入は二の次という考え方もありますので、
必ずしも年収1000万円を超えなければならないということはありません。

ただ、利益を総取りできる個人ビジネスを展開していながら
年に1000万も利益が残らないなら
「儲けるためのビジネス」としては改善の余地があるということです。

いずれにしても年収1000万円を確保したいと考えるのであれば、
「どの会社に入るか」を考えるよりも
「いかに利益効率を上げるか」を考える方が早いです。

会社勤めしかしていないと、
「利益効率」という概念が持てないかもしれませんが、
たとえ、個人であってもいかに手取りを増やすかを考えれば、
自分が提供している労働力分の対価をすべて貰える働き方に行き着くはずです。

会社に1000万円分の利益をもたらしても、
その社員には、月数十万円程度の給料しか支払われないのですから。


PAGE TOP