TPPによる著作権の非親告罪化も我々は問題なし

マーケティングYouTube収入

TPPがまとまったことで、
ネットビジネスを手掛ける人間にとっても
ある程度の影響が出ることになりました。

著作権が非親告罪になった件です。

これまでは著作権を持っている当事者が訴えることで
罰則対象になっていたものが
お上の判断だけで引っ張ることができるようになります。

範囲は限定的とされていますが、
判断するのはお上ですからね。

で、それに伴い、
各メディアの自主規制も進むと思われます。

例えば、YouTubeはサムネイルや動画内で
有名人の顔を使ったり、
アニメの転載などが公然と行われています。

これまでは当事者からのクレームがあれば
YouTube側が対応するといった流れでしたが、
直接、お上が突っつけるようになるわけで、
そうなるとYouTube側の変化も想像できるでしょう。

著作権の非親告罪化に影響を受けない人達

とはいえ、我々への影響はそれほど無いです。

我々というのは、
独自コンテンツを作ることができる人間ですね。

コンテンツ販売だけでなく、アフィリエイトの特典や
ブログ記事、YouTube動画に至るまで
情報を自分のフィルターを通して、
独自コンテンツ化できる人間は
普遍的に商売を続けることができます。

なので、特に動揺する必要はありません。

今後も様々なメディアやビジネスモデルにおいて
新たな規制が敷かれていきます。

コピーのやりくりだけで何とかしようとする商売は
常に稼働時間が限定されますので、
コンテンツメイクのスキルが無いと感じているならば
今から習得していくことをお勧めします。


PAGE TOP