30代男性の手取り平均年収で分かるターニングポイント

年収30代平均年収

30代男性の平均年収は、
約400万円と言われています。

手取りにすれば、もっと少なくなりますね。

が、実はこの平均年収は、あまり意味がありません。

というのも現在は二極化が激しく、
男性は30代あたりから年収の差が顕著になり出すからです。

ざっくり言えば、同じ30代男性の手取りでも
起業家の平均年収と雇われ人の平均年収は
雲泥の差です。

それこそ一緒に旅行に行く起業家さん達の
平均年収は2000万円ほどですし、
一方で年収200万円という労働者も多く。

男性にとって30代はターニングポイントとなる時期です。

ここで選んだ道によって
生涯年収も人生の質も全く違うものになります。

産業競争力会議の『残業代ゼロ案』が
じんわりと話題になっていますが、
『移民受け入れ』など含め、
基本的に経済界に押される政府は
労働者の収入を低く抑える方向を見ています。

で、これらのニュースを聞いて、
「企業けしからん!」
「労働者の環境改善を!」
と、義憤にかられている人もテレビなどで見かけますが、
個人的には自然の摂理だと思っています。

自分で仕事や商品を産み出せない人間は
時間の切り売りをするしかないのですが、
その時間の価値もグローバル化により
落ちていくからです。

スタバやユニクロがバイトを社員化したり、
バイトの募集時給が上がったりで、
景気が上向きだと喜ぶ声もあります。

でも、企業にとっては人材を囲い込んで
安く使い叩く施策に過ぎないわけで。

自分で収入源を生みだせない限り、
もはや自分の年収をコントロールすることは不可能です。

雇われ人に対するアゲインストは強くなる一方ですから
時間しか売りものにできない人間はますます状況が悪化します。

まあ、残業代ゼロ案を俯瞰で見れず、
義憤で叩くだけの人は一生至らない境地でしょうが、
こうしてビジネスの勉強をされているあなたなら
もっと違った角度で見えているでしょう。

すでに、かなり前から風は一方向に吹いているわけですが、
徐々に風速が上がりつつあります。


PAGE TOP