コピーライターで年収1000万円を超える方法

コピーライターコピーライティング

コピーライター年収

今回は、コピーライターの仕事だけで
年収1000万円を越える条件について解説します。

一般的なライターが年収1000万円を維持するのは
かなり難易度が高いですが、セールスコピーライターであれば、
ハードルは格段に下がります。

セールスコピーライターとは
「売るためのコピー」を書く仕事です。

具体的にはセールスレターの原稿を書きます。

年収1000万円越えたければセールスコピーライター

大手広告代理店も
コピーライター養成講座などのスクールを売っていますが、
いわゆる広告代理店系のコピーライターというのは
マスコミ主体のファッションコピーであり、
売るためのコピーではありません。

奇抜なキャッチコピーを作って
関係者が「芸術的だな」と悦に入るだけの
ファッションコピーでは
セールスレターは書けないのです。

もちろん、ファッションコピーライターでも
年収1000万円を稼げる人はいるかもしれません。

しかし、それは業界渡りの上手さに比重が置かれていて
ある種、タレント性で食っているわけです。

年収1000万円セールスコピーライターの相場

一方、セールスコピーライターは
セールスレターを書きますので
需要は多岐に渡ります。

むしろ、キャッチコピーを考える、
という仕事はありません。

ヘッドコピーは考えまくりますが。

なんとなくのイメージを演出するのではなく、
より具体的に商品を訴求し、魅力を伝え、
購買意欲を高める文章を書きます。

当然、これは技術の世界ですので、
スキルを身に付けていない人には書けず、
そのため需要が高くなります。

仕事の相場としてはピンキリですが、
中堅クラスであれば、
セールスレター一本書いて30万円くらいです。

また、レベニューシェアで
商品売上の何パーセントをもらい続けるとう契約もあります。

私自身もレベニューシェアで毎年収益があります。

セールスコピーライターで起業する人が多い理由

セールスコピーライターで起業する人が多いのもまた、
スキルを身に付ける時間や労力に対するリターンが大きく、
自分一人で完結するためコストもかからないからです。

まあ、糸井重里さんのような
CMのキャッチコピーを考える仕事の方が
華々しいことは間違いありません。

が、実際に年収1000万円を越える難易度を考えると
セールスコピーライターの方がはるかに簡単です。

ただ、一方で最近、
セールスコピーライターで起業しよう、
という広告が流行っていますが、
正直、セールスコピーライターだけに
こだわる必要は無いと思います。

と、いうのも、
セールスコピーライティングのスキルが身に付けば、
売れる商品を作ることもまたできるからです。

そして、そちらの方が実入りも大きくなります。

この辺りは後日、別の記事で解説します。


PAGE TOP