メルマガ開封率を下げる魔の曜日

マーケティングメルマガ書き方

l_054

今回はメルマガの開封率を下げない施策について解説します。

メルマガの開封率を上げるテクニックは
タイトルギミックなど色々語られることがありますが、
開封率を下げないテクニックについては
あまり解説されません。

ただ、開封率を上げること以上に
開封率を下げない施策は重要です。

なぜなら、最近は、
メルマガが開封されないことで
スパム判定にも影響が出るようになったからです。

また、メルマガの開封率は
上げる施策よりも下げる要因の方が
大きく作用しがちという実情もあります。

金曜日はメルマガの開封率が下がる

休日の前はメルマガの開封率が落ちます。

見込み客の業態によって休日の曜日は異なりますが、
たいていは金曜日や土曜日などの週末が
それに該当するでしょう。

他にも、連休前や連休の中日も
読者の多くが外出などにより
メルマガを開封しません。

なので、こうした曜日は
思い切ってメルマガ配信をストップしてみるのも有効です。

開封率が下がる曜日にメルマガを送る理由は?

もちろん、これらの曜日に
送ってはいけないということではありません。

ただ、「本当に今日送るべきか」という視点は必要です。

開封されないことによるリスクが高まっている現在、
「メルマガは毎日送った方が良い」
というのは、いささか前時代的と言えるでしょう。

特にセールスプロモーションを行っている際は
開封率が下がる曜日の配信は無駄打ちとなり、
セールスの伏線を途切れさせる可能性が出てきます。

全ての曜日のメルマガ開封率を維持する方法

金曜日や土曜日の配信は開封率が下がるとはいえ、
一定数の読者には読んでいただけます。

それこそ深夜の配信でさえも。

重要なのは、読者がメールボックスから
あなたのメルマガを探してまで読んでくれるか、
ということです。

濃密な情報発信を続けていれば、
2~3日メールをチェックしていなくても
後日、遡って、あなたのメルマガを確認してもらえるでしょう。

そして、そうした状況はタイトルギミックなどではなく、
普段の情報発信の姿勢がもたらします。

むしろ、タイトルギミックに頼って
興味性だけで読ませるメルマガは
長期的には開封率の下落や読者離脱に繋がってしまいます。


PAGE TOP