藤原和博式では年収1000万円を維持できない理由

年収

hujiwara

個人ビジネスの年収の目安は1000万円です。

と、メルマガ等で書くと、
クライアントやスクール生の方々から

「もっと大きな金額を提示して欲しい」

と言われたりもするのですが。

実際、その数倍のステージに
達している方々が多いので、
そうした方々にとっては、
より大きな金額を提示した方が
モチベーションに繋がると思います。

とはいえ、
ビジネスモデルによって相場は上下するので、
最低ラインの設定としては、この位でしょう。

年収2000万円以上のクラスの方々は
もはやモチベーションの心配は無いと思いますし。

年収1000万円は維持してナンボ

上記のように、
年収1000万円という額が多いか少ないかは、
人によって異なります。

平均的なサラリーマンから見ると
年収1000万円を
1つの目標にしている方が多いようです。

一方、前年の利益が2000万円で、
「今期は4000万円に!」
という目標を立てていたなら
年収1000万円は大幅ダウンと言えます。

ただ、立場がどうであれ意識して欲しいのは

「一時的に年収1000万円を超えても意味が無い」

ということです。

もっと言えば、
一瞬、5000万円のあぶく銭が入ってくるより、
毎年1000万円を下回らない収入を維持する方が
生活の質ははるかに高いです。

なので、年収1000万円というラインは
達成目標ではなく、
最低限維持するラインと考えてください。

藤原和博さんの応用で年収1000万円を維持

で、そのために必要なのは、
ラッキーホームランを狙うことではなく、
それが当たり前になる環境を作ることです。

特に頑張らなくても無理をしなくても入ってくる、
ベーシックな収入を
年間1000万円にするということです。

もちろん、「寝ながら100万円」的な話ではなくて。

収入効率を上げるということです。

そのアプローチとしては、
元リクルートの藤原和博さんが提唱している、
「100万人に1人の存在になる」
が分かりやすいヒントになります。

これはポジショニング戦略を
一般向けに噛み砕いたもので、
「年収1000万円を下回らない」
という条件は満たしていませんが、
必要条件ではあります。

簡単にまとめると、
「100人に1人のポジションを3つ持ちましょう」
ということです。

100分の1を3乗すれば、
100万分の1になります。

100万人に1人と言っても全く難しくありません。

あなたもすでに年収1000万円の要素を1つ満たしている

例えば、
「収入を増やすために具体的な勉強をしている」
というだけでも100人に1人の存在となります。

世間の人達の大半は、
「一億円欲しいな」とか
「年収1000万円になりたいな」と思っても
ビジネス書を手に取ることも無ければ、
グーグルで「年収1000万円になるには」などと
検索することは無いわけです。

宝くじを買うことはあっても
具体的に年収を増やすためのアプローチを取る人は
100人に1人もいないのが実情です。

なので、このメルマガを読んでいる段階で、
あなたは100分の1の要素を1つ持っているわけです。

あとは、もう1つ、
「自分は100人に1人の存在」
と言える要素を見つけましょう。

見つけましょう、という言っているのは、
すでに持っていることが多いからです。

ビジネス系ならば、
自己アフィリで数万円獲得した経験を
持っているだけでも100人に1人かもしれません。

トレンドアフィリや転売で月3万円稼いだなら
完全に100分の1です。

これは周囲の知人に聞いて歩くだけでも分かるでしょう。

これだけ副業が一般的になっても
100人出席の同窓会などで
月3万円の副収入を得ている人がいる確率は
かなり低いです。

年収1000万円の掛け算

というわけで、
実は何かしら副業や起業に取り掛かっている方であれば、

1/100 × 1/100

は、すでにクリアしているのです。

上記の例で言語化すれば、

「ビジネスの勉強をしていて、
 会社に依存せず、月3万円以上稼いだ経験がある」

という存在です。

もちろん、「月3万円以上稼いでいる」という部分は

「FXで勝ち越している」
「ゴルフのパッティングが上手い」
「ナンパを成功させたことがある」
「バイクで日本一周したことがある」

などといったこととと入れ替え可能です。

しかし、これだと、まだ1万人に1人の存在ですね。

藤原さんは、さらに、
100分の1となる他の要素を掛け合わせれば良い、
と唱っていますが、
ここからが年収1000万円を
ベーシックにするポイントになります。

藤原さんの説、ひいては一般的なポジショニングの考え方は、
要は自分をレアな存在にして、価値を高めるということです。

レアな方が高く売れるわけですから、
論理的ですね。

藤原式だけでは年収1000万円になれない

しかし、いくらレアだからといって、

「会社に依存せず、月3万円稼いでいるサラリーマンが
 人並み以上に上手な似顔絵を描いてくれる」

としても、その似顔絵に10万円払う人はいないわけです。

1万円でも太っ腹なレベルでしょう。

もしかすると、
それで何とか食べていく収入は得られるかもしれませんが、
年収1000万円をベーシックにすることは不可能です。

理由は、

●100分の1の掛け合わせが上手く機能していない
●マネタイズの仕方がお金にならない

つまり、3つ目の100分の1を間違えているわけです。

3つ目の要素は、
レバレッジが利く分野で100分の1になる必要があります。

年収1000万円のラインを一人で超えるための要素

私やクライアントの方々における3つ目の要素は、
まさに情報発信スキルです。

他にもレバレッジの利かせ方はありますが、
組織化や多額の元手をかけるなどのリスクを取らず、
1人で年収1000万円以上を
ベーシックにできる手段は限られます。

個人ビジネスを志向するのであれば、
3つ目の要素は情報発信に固定し、
初めの2つの要素を策定するのが堅い方法です。

ビジネスの勉強が不足していると思うなら
自分の時間をそこに集中させることで
1つ目の要素は満たされます。

2つ目の要素は持っていることが多いので、
それを見つけるため自分の経験や特技を
棚卸しすることでクリアできるでしょう。

また、情報発信スキルは
世間の99%の人が持っていないので、
学んで実践することで100分の1どころか
それ以上のレア度を獲得できます。


PAGE TOP