セミナーの「集客方法」における誤解

集客セミナー

集客方法セミナー

セミナーに人が集まらず、困っている、
という講師や主催者の相談を受けることがあるのですが、
そうした方々が口にするのは、
「集客方法が分からない」ということです。

セミナーは利益率が高く、
短期間で大きな利益を得られるビジネスモデルですが、
参加者を集められず、
いまいち儲かっていない主催者は多いようです。

で、セミナーの集客方法は多々ありますし、
何をやってもそこそこ集まります。

ただし、どの集客方法を選んでも
ある根本的な前提を押さえておかなければ、
利益は限定されてしまいます。

そして、そのシンプルな前提さえ認識しておけば、
セミナーで困るということは無くなるでしょう。

セミナーこそが「集客方法」である

セミナーにおいて押さえておくべきポイントは、
セミナーそのものが集客手段だということです。

なので、
「セミナーの集客方法が分からない」
という悩みは
少しズレた悩みでもあるのです。

セミナーの集客方法が分からないという、
主催者に共通しているのが、
セミナーを初めから商品として売ろうとしている点です。

初めから利益を出すためにセミナーを開こうとすると、
100万円の利益を出すのに
10万円の高額セミナーならば10人、
1万円ののセミナーなら100人集める必要が出てきます。

で、はっきり言って、ゼロからの集客で
これを満たすのは広告を大きく打てる企業か、
リストを持っている主催者に限定されます。

セミナー参加者を増やすシンプルな集客方法

一方、セミナーを集客方法と考えるなら
参加費を取らない無料セミナーとして開催できるので、
それだけで集客力が増すわけです。

1万円のセミナーと無料のセミナーを比べれば
新規のお客さんがどちらに参加しやすいかは
考えるまでも無いでしょう。

で、無料セミナーは5、6人も参加すれば
そこから有料商品のセールスを行うことで
利益に繋がります。

セールスする商品は何でもOKです。

上位セミナーや通信講座、教材、
さらにはツールなども売れます。

セミナーは濃い見込み客を集める集客方法

本来、お金を取れるはずの情報やノウハウを
無料で提供することに抵抗があるかもしれませんが、
わざわざ会場まで足を運んでくれる見込み客は
非常に濃い見込み客です。

リストマーケティングを展開している方であれば、
お分かりだと思いますが、
集客はビジネスの各フェーズで
最も労力とコストがかかる部分です。

WEB上から無料メルマガに登録した見込み客よりも
はるかに濃く、リスト価値も高い見込み客を集められるのですから、
無料セミナーを開催しても有り余る利益が出ます。

もちろん、無料セミナーだけ開催していても利益は出ないので、
有料商品に繋げる導線を用意しておく必要があります。

まずは有料商品を用意し、
その商品に興味を持つ属性を集める無料セミナーを繰り返す。

というフレームワークを作ることから
始めてみてください。


PAGE TOP