税金対策を丸投げすると会社が潰される理由

起業税金

-shared-img-thumb-YUUKI150321140I9A4377_TP_V

個人ビジネスの収益が増えてくると
税金対策のため会社を作ることになります。

会社にすることで落とせる経費の幅が広がるので
それだけでも税金対策になっていると言えるのですが、
起業家の多くは、こと税金対策には無頓着な傾向があります。

ビジネスを拡大し、収益を増やしてくのは
いわば「攻め」の姿勢であり、
税金対策は「守り」です。

起業家は常に攻め続ける気質なので
どうしても税金対策は
二の次、三の次になりがちなのですが、
税金対策は単なる守りではありません。

収益増と税金対策はどちらが会社の利益となるか?

会社の収益を増やしていくのは
面白くやりがいがあります。

一方、税金対策は持っていかれるお金を
いかに少なくするか、という消極的な行為に見えます。

しかし、会社に残る利益を考えると、

500万円収益を増やすことと
500万円の節税をするのとでは、
後者の方が会社に残るお金は多いわけです。

500万円稼いでも、
そこから税金が引かれますからね。

つまり、税金対策は収益増よりも
早く確実に利益を残す手段とも言えるのです。

会社の税金対策は税理士に任せない

会社の税金対策については
税理士に丸投げという個人経営者も多いでしょう。

実は、私もそうでした。

が、やはり自分でも
最低限の知識は持っておいた方が良いです。

そうしないと雑な仕事をされても
指摘できませんし、
何より向こうの都合の良いように扱われます。

私も税金に関しては、いまだに情報弱者ですが、
それでも少し勉強しただけでも
これまで余計に払っていた金額に驚きました。

多くの税理士にとって尊重すべき相手は
顧客ではなく国ですからね。

まあ、国の税制に文句を言っても
時間の無駄なのでルールの中で考えるしかないのですが、
少なくとも税金対策については、あくまで自分主導で方向を決め、
税理士には助言をもらう程度に考えておいた方が良いでしょう。

税金対策だけでは会社が止まる

ただ、税制は税理士のためのマッチポンプなんじゃないか、
というくらい複雑ですし、コロコロ変わります。

また、税金対策ばかり考えると
稼ぐことに虚無感が出て、
それがブレーキになりかねません。

なので、税理士があまりに雑な仕事をしたり、
提案をサボったら指摘できる程度に
知識を仕入れて、あとは丸投げで良いと思います。

税金対策の知識は一度仕入れれば、
ずっと使えますからね。


PAGE TOP